VIEW

SEMINAR

date: 2022.07.07 THU

必須施策が行われない悲劇-Web広告担当者の真の責務は、最適施策を判断する力にあった

※同業他社様のお申し込みはご遠慮ください。

概要

かつて、Web広告の運用は難易度が高く、人的リソースによる細部のチューニングを必要としていました。

しかしGoogleとFacebookを中心とした広告媒体による自動最適が急速に進化し、広告運用がコモディティ化しつつあります。

 

現代においては、個別広告媒体で各論の施策を打ってもほとんど広告効果は改善しません。
人手をかけずとも、自動最適が既にほとんどの各論施策を網羅できているためです。

 

それにも関わらず日本においては、日々の改善活動が、各論の個別施策に寄っているプロジェクトが大半を占めています。

 

結果として多くのプロジェクトで実績がポテンシャルを下回っていると認識しており、PIGNUSが創業以来リプレイス後の改善率が100%を維持していることを考量すると、事実だと思います。

 

このような状況において、広告効果を改善するために必要なことは、下流工程の部分最適やHowを網羅的に実行することではなく、
上流工程のコンセプト・戦略に立ち返り、上流から戦術および改善施策に落とすことです。

 

本セミナーのゴールは、「ご自身のWeb広告プロジェクトにおいて適切な実行ができているか否かを判断できる」
という点に置いています。
多くのプロジェクトで発生している具体的な課題を、ご自身でチェックできる形でご説明します。

 

情報として飽和している個別の方法論を解説しているセミナーとは一線を画す内容になっておりますので、是非ご参加下さい。

このセミナーに申し込む

セミナー概要

日程
2022年7月7日(木)14:00~15:00
会場
オンライン(zoomを予定しております)
料金
無料(事前のお申込みが必要となります)
申込締切
2022年7月7日(木)9:00

セミナー講師紹介

  • 株式会社PIGNUS Webマーケティング事業部

    佐々木 惇也

    新卒でセプテーニに入社し、リスティング広告を中心とした運用業務に従事。
    社内でもTOP3に入る最大手企業の運用を担当し、大きな功績を残す。
    PIGNUS入社後も広告運用を担当しつつも、別代理店の運用部隊の組織構築の支援など、幅広く手掛けている。
     
    ※累計担当社数:97社/単月最高運用額:9,500万円/平均改善率:121%

このセミナーに申し込む

このセミナーをシェアする

BACK TO SEMINAR